看護師さんの初任給はどのくらい?

看護師は女性の仕事としては一生働ける仕事で、ハードワークですが高収入を得られると思われています。
女性の他の一般職と働く人と比較すると、看護師の収入は確実に高いですよね。

 

そんな看護師の初任給はいくらくらいなのでしょうか?
看護師の平均年収などはインターネット上にもよく出ていますが、
新卒でもらう初任給はいくらくらいなのかは気になりますね。

 

ある転職支援サービスが実施したアンケートでわかったことは、
初任給の手取りは20万円以下の人が半数以上いることです。
看護師の初任給の平均は26万円といわれています。
しかし、手取り額は20万円以下の看護師が半分以上もいるのです。

 

実際に、給料から引かれる項目の多さに驚いた看護師はたくさんいるようで、
5万円以上引かれている人が多くいます。

 

ただし、卒業した学校などによっても初任給は異なりますが、就職した医療機関によっても異なります。

 

進路によっての違いは、高校の看護科を卒業して資格取得後に就職した場合は18万円程度、
看護学校や短大卒業後に就職した場合は19万円程度、
看護大学卒業後に就職した場合は20万円程度となっています。
また、就職した病院によっての違いとして、
公立病院などの比較的大きい病院の初任給は27万円程度となっています。

 

公立病院や大学病院などの大きな病院は初任給も高く、平均給料も高いという結果が出ています。
これらの規模の大きい病院は、転職を目指す人にも希望者が殺到する人気の求人先です。
また、給与額は地域差もあり、東京をトップとして首都圏や都市部では初任給も高いようです。

 

しかし、一般の職種で働く女性の初任給の平均は17万円程度ですので、
やはり看護師の初任給は一般の仕事よりは高いといえるでしょう。

 

転職した場合の給料ですが、これは転職先の病院の規模や地域、
看護師のそれまでのキャリアなどによってさまざまです。

 

ただし、他の職員と同じ給与規定で決まりますので、
初任給が安い、給料が低いといわれている病院で、転職後の給料が高くなることはないでしょう。
転職するときに給料の高い病院を希望するのはそのためです。