看護師の方で転職先に福祉施設を考えている方へ

 

看護師の中には今まで医療機関で培った経験や技能を福祉施設で生かしてみたいと、
転職先に福祉施設を考えている方も多いでしょう。

 

福祉施設とは特別養護老人ホーム、デイサービスセンター、介護老人保健施設、有料老人ホームなどをさします。

 

基本的にはこれらの福祉施設は入居者や利用者の方の生活の場であり、
看護師のみなさんはそれらの方の生活全般を支援することが求められます。

 

しかし運営母体や施設の形態により、それぞれ特徴があるので注意が必要です。

 

特別養護老人ホームは一般的に老人ホームとよばれており、
自宅生活が困難な方や常に介護が必要な方が入所する施設です。
施設を利用される方の終焉期までをお世話するのが特徴です。

 

特別養護老人ホームの場合、人員配置は入居者100人に対して
看護師は3人以上という規定がありますが、常勤医師の規定はありません。

 

これに対して介護老人保健施設は自宅復帰や自立を目的とした施設で、
常勤医師の規定があり、看護師の24時間勤務が定められており夜間においても常駐することになっています。
その人員配置は入居者100人に対して、常勤医師は1人以上、看護師は10人以上となっています。
またリハビリなどの機能訓練を行い、自宅での自立した生活ができるようにすることを目的とした施設のため、
介護職員のほかに理学療法士や作業療法士の常勤がいます。
これら他職の方とのチームワークが重要です。

 

また有料老人ホームは自立型の高齢者マンションや介護付きのケア施設のことで、
利用者の個別性にあわせた対応が求められます。

 

このように形態によって福祉施設のお仕事の内容も異なりますので、
転職を考えた場合、事前の確認が大切です。